2020年開店予定!イオンモール利府新棟の最新情報!≫

ウネルモイポッロ|ふくろうのいるパン屋さん【仙台市泉区根白石】

パン

仙台市泉区根白石にあるふくろうのいるベーカリー「ウネルポイモッロ」に行ってきました。

のどかな田園の中にあるパン屋さんでなんと本物のふくろう「こだまちゃん」に会えます。

営業日が週3回(火、金、日)なので日を選びますが、手作りのパンはもちもちで美味し!

美味しいパン、気さくに話しかけてくださる店主のお人柄、ふくろうのこだまちゃん、根白石の田園風景…全てに癒されるベーカリーです。

日や時間帯によっては品薄になったり売り切れてしまったりするようなので、早めに行くことをおすすめします。

田園の中の外観とふくろうのいる店内

根白石ののどかな田園風景。

そんな中、車を走らせて見つけた「ウネルモイポッロ」(といっても泉アウトレットから10分強)。

かわいらしいこちらの看板が目印です。営業日は火、金、日の週3日。

店内は落ち着いたネイビーのクロスに天井の梁やカウンターの木のぬくもりが映えます。

このセンス、好きです。

イートインスペースも確保されていて、購入したパンを店内でいただくことができます。

奥に見える田園風景は絵画ではなく風景です。素敵すぎませんか。

そしてそしてそして!

お店に入ったら右の壁を見上げてみてください!

いたーーーーー♡

なんと本物のフクロウ「こだまちゃん」!

普段は階上のお部屋で自由に飛び回っているとのこと。

「こだまちゃーん!」と声をかけると「キュウー」とお返事をしてくれる賢い子!なんてお利口さん!

まさかパン屋さんでフクロウさんとコミュニケーションがとれるとは思ってもいませんでした。感激。

「フォッカ」が中心のメニュー

入店時に並んでいたパンは6種類。スコーンが1種類。

木の箱に入り、クリアな蓋がかぶさっていて衛生的です。

パンの他にコーヒーやラテなどがドリンク類が5種類ほど。

「空と大地のラテ」(ネーミングセンス!)や「ほうじ茶ラテ」が気になりましたが、今回はお見送り。

ウネルモイポッロのパンの口コミ

購入したパンは3種類。

ウネルモイポッロのパンの特徴は、一口食べるとびっくりするほどもちもち。

噛み応えがあり、噛むごとに味わえるパン生地の味がまた美味しい。

バターを使用していないとのことなので、プレーンパンなどはお子さまのおやつにもおすすめです。

▼トマトとクリームチーズのフォッカ

3種類の中ではこれが一番好きでした。

もちもちの生地。手作り感のあるトマトソースはにんにくが効いていて美味しい。さらにトマトとクリームチーズの相性も良し。

▼ミートソースとチーズのフォッカ

こちらは翌日の朝ごはんにいただいたところ、少し生地がかたくなっていました。

トースターで1分弱程度温めましたが、生地のかたさはそんなに変わらなかったかな?ミートソースとチーズがあたたまって美味しくなりました。

▼チョコチップパン

プレーンなもちもち生地にチョコチップ。もちもち。

キッコリーノからの移転

ウネルモイポッロは2019年2月に閉店した泉ヶ丘のベーカリー「キッコリーノ」が移転し、同年5月に根白石にOPENしたお店です。

人気店だったようなので、移転前の店舗からの固定客も多いのでしょう。OPENから2ヶ月弱にも関わらず、お客さんが絶えず来店していました。

お一人でパンを作っているため、数に限りがあり、すぐに売り切れてしまうことも多いのだとか。

私が行ったのは開店から1時間も経っていないはずの12時過ぎでしたが、すでに品薄でした。追加でも焼き上げているようですが、売り切れ次第閉店となるため早めの来店がおすすめです!

ウネルモイポッロ:店舗詳細

駐車場は店舗前に。番号が目印。

ウネルモイポッロ(unelmoipollo)
住所 宮城県仙台市泉区根白石山神22−17
電話番号 070-5321-4880
営業時間 11:30~16:00
定休日 月、水、木、土
駐車場 あり
公式

コメント

タイトルとURLをコピーしました